なんでも出来ます。
小さな仕事から、ぜひ試してみて下さい。

曳家(ひきや)とは、 建物の移動工事全般を行う仕事です。

例えば、土地区画整理などで、家を移動しなければならない時などは、このように移動させてしまいます。

@最初はこの位置にあります。

A徐々に動き始めました。

Bだいぶ進んできました。

C移動完了



他にもいろいろ活用できます。例えば・・・
敷地を有効に使用したい。
・建物の地下に駐車場、部屋を作りたい。
・建物を上に揚げて、下を駐車場、部屋にしたい。
・新しい建物の邪魔になる。
・家の向きを変えたい
・敷地を分割したい
・基礎を補強したい…


その様な時、住んで生活したまま
(電気、水道便所、ガスなどを使用したまま) 上下回転、横移動することが出来ます。


鉄筋コンクリートや鉄骨のビルも移動出来ます。




大きな植木や機械、銅像等の移動もやっております。



お電話を戴ければただちに現場を見て
見積書を作成してお渡し致します。

どんな見積もりでも無料です。
 

お電話1本ですぐ担当のものがお伺い致します。


03-3261-1987(本社代表)
03-3230-4810(本社工事)
0424-82-3620(調布営業所)




曳家工法で建物を移転するまで


建物移動の進め方

利用方法の決定
移動場所の決定
工事の
見積
工事の打ち合わせ
工事の
決定








工事の
準備
配管電線の伸ばし
基礎の
新設
建物の
移動
設備の
復旧

建物の上部構造体と、基礎を一緒に移動する方法とがあります。
今では、移動工事中も、その家で生活することができます。家具置物もそのままで、動かす必要はありません。
電気、電話、トイレ、お風呂も、もちろん、食事も作れます。
建物が少し上に上がりますので、出入りは階段を利用していただきます。



実際に建物を移動するまでの方法を、ご紹介します



@移転前
A移転先の地鎮祭
B段取り(基礎穴あけ)

C段取り
D移転先の基礎作りA
E根切り

F移転開始
G高揚げ
H移転先の基礎作りB

I移転路敷設

J移転中
K移転先の基礎作りC

L新基礎
M定着現場
N定着場所


O定着





移動(曵家)だけが私達の仕事ではありません


■建物沈下修正工事■


建物が地盤沈下で傾いた建物を水平にする。

●銅管杭・地中膨張杭・ベタ基礎・増基礎建物補強・復旧工事

地震のための耐震補強及び古くなった土台・柱の入替・根継杭工事

●新築住宅が傾かぬよう、杭を作る…回転鋼管杭他、移築解体工事

●古い価値のある建物を、他の場所に持っていって、建て替える
 




■建物基礎補強工事■

建物が2度と傾かぬよう基礎を補強する



解体工事・アンダーピニング工事まで、お引き受け致します。
 
お電話1本ですぐ担当のものがお伺い致します。
03-3261-1987(本社代表)
03-3230-4810(本社工事)
0424-82-3620(調布営業所)




このホームページに存在する、全ての情報の転用・転載を禁止します。
Copyright(C)1999-2004 ONDAGUMI INC.
All rights reserved.